奥田瑛二さん

こんにちは、シクロシティサポートセンターです。

もしかしてこの冬は雪が降らないんじゃないかという気がしていましたが、やっぱりそんなことはなく、13日からの週末は積もりましたね
現在はだいぶ溶けて道端に残る程度です。シクロシティのステーションのある地域なら自転車の走行は可能ですが、部分的に雪が残っているところもあるので路面の状態には充分にお気をつけください。

なお、冬期間は、多量の積雪となり安全の確保がむずかしいと判断される場合に、自転車の利用を停止させていただくことがありますのでご了承ください。そのときはステーションのターミナル機およびシクロシティ富山ウェブサイト上でお知らせいたします。

そんな富山の冬の晴れ間に、颯爽と自転車に乗っていただいているのは、映画監督で俳優の奥田瑛二さんです。

2015年の「エンジン01文化戦略会議オープンカレッジin富山」の大会委員長として内容の濃い熱い講座の数々をたくさんの富山市民へと届けてくださいました。2016年の「エンジン02」では奥田さんから直接演技指導を受けた中高生の演劇が話題を呼んだことも記憶に新しいところです。
2016年からは富山市政策参与として、また富山でも演劇集団「奥田塾」が開かれており、ますます富山へ来られる機会が増えているとのこと。エンジン01で富山にまかれた文化の種を奥田さんと一緒に育てていけるのは、富山市民にとってすごく幸運で嬉しいことだなあと思います。

奥田さん、ぜひこれからも自転車に乗って富山を楽しんでください。

奥田瑛二さん写真20170119




スポンサーサイト

春一番

シクロシティ運営スタッフです。

先週の富山は比較的穏やかな天気でしたが、週末にかけて雨や風の強い日が続きましたね。

また、2月14日には富山を含む北陸地方に春一番が吹きました。気温も場所によっては20度近くまで上がったそうです。
http://www.tenki.jp/forecaster/diary/deskpart/2016/02/14/39241.html

既に暦の上でも立春を過ぎてますので、これから春の息吹を感じる機会が多くなるでしょう。


・・・と思っていたら、本日はまた寒波到来です。

コチラは先週、2月12日(金)の環水公園西ステーション前です。この日は立山連峰が珍しくくっきり見えました。

20160212st17

↓の画像は本日の様子です。気温も下がり、雪が降っています。

20160215st17

暫くは、天候、気温共に変動が激しいようなので、体調を崩さないようにしたいですね。
「アヴィレ」の自転車をお使いの際は、路面が滑りやすくなっていますので、足元に注意して安全運転をお願いいたします。


コミュニティサイクル、シクロシティ富山「アヴィレ」は、冬季も24時間無休で稼働しております。
※「19南口駅前広場」が2015年12月12日に新設されました。
シクロシティステーションMAP201601月

忘れものにご注意!

シクロシティ運営スタッフです。

今週から10月に入りました。衣替えの季節ですね。

富山市内は、日中はまだ薄着や半袖で過ごせますが、朝晩や雨の日は冷えますので、着るものに悩みますね。急激な気温の変化で体調を崩さないようにしましょう。

さて、私達シクロシティ富山のスタッフは、自転車の点検清掃、台数調整等で定期的に各ステーションを巡回しているのですが、偶に、自転車のカゴの中や周辺で忘れ物を見つけることがあります。

※画像は状況を再現したものです。

忘れ物傘

画像の様な折りたたみ傘や、小さなバッグ、買い物袋等がかごの中に入っていたことがありました。
また、極稀にですが、シクロシティのメンバーカード(パスカ、えこまいか含)が落ちていることもあります。

シクロシティは、自転車を共同利用するシステムですので、自転車をステーションに返却してその場を離れてしまった場合、後で忘れ物に気づいて戻っても、直前に利用していた自転車が元の場所にあるとは限りませんのでご注意ください。

スタッフが発見した物は一旦回収し、シクロシティサポートセンターにて一定期間保管しております。
メンバーカード等、持ち主が特定できるものは此方からご連絡する場合があります。
また、警察に拾得物として提出する場合もあります。

シクロシティ「アヴィレ」をご利用で忘れ物に心当たりのある方、また、忘れ物を発見した方は、最寄りの交番・警察署にお届けになるか、シクロシティサポートセンターまでお問い合わせ・ご連絡ください。

お問い合わせ先:シクロシティサポートセンター 
メール:info@cyclocity.co.jp (※迷惑メール防止のため@は大文字になっています。)
電話:0120-979-496 (土日祝日除く10:00~17:00) ※時間外は留守番電話にて対応しております。

海外のシクロシティ

シクロシティ運営スタッフです。

今週から9月に入り、少しずつですが秋の気配が感じられるようになってきました。
富山では、9月1日~3日にかけて、「越中八尾 おわら風の盆」が開催され、市内は賑わいを見せています。
http://www.info-toyama.com/event/10012/

さて、今回の話題は海外のシクロシティの紹介です。

シクロシティ富山、愛称「アヴィレ」は、日本ではじめて本格的に導入されたコミュニティサイクルとして2010年3月より稼働しておりますが、シクロシティのシステムは海外、特にヨーロッパではいち早く導入されていて、既に10カ国、66都市で展開し55万人近くの人が登録しています。(2013年4月時点)
http://en.cyclocity.jp/NEWS/NEWS/3

各国、各都市の中でも、2005年にいち早くシクロシティのシステムを導入した都市、フランスのリヨン (Lyon)はこんな感じです。*愛称はヴェロヴ(VELOV)
http://www.velov.grandlyon.com/
リヨンvelovリヨンシクロシティ1リヨンシクロシティ2リヨンシクロシティローヌ川

富山のシクロシティ「アヴィレ」の自転車がブルー/シルバーなのに対して、リヨンの「ヴェロヴ」はレッド/シルバーになっています。
ターミナルの情報端末のデザインも似ていますね。

リヨンシクロシティローヌ川2リヨンシクロシティターミナル1

現在のヴェロヴは340カ所の貸出ステーションがあり、4000台の自転車が稼働しています。
システムは富山と同じく、最初の30分は無料、30分~60分で1ユーロの利用料金が追加され、以後30分ごとに2ユーロの料金が追加されます。

リヨンはフランスの南部、内陸に位置していますが、アルプス山脈に近く、(フランス・ローヌ・アルプ地方)、
市内に川(ローヌ川とセーヌ川)が流れているところは富山市に似ています。天気が良い日はフランスの富士山といわれているモンブランが見えるそうです。

市内を流れるローヌ川の畔でくつろぐ人達

リヨンローヌ川畔

なんだか、富山市の環水公園にも似ていますね
http://www.kansui-park.jp/

環水公園811

ヨーロッパを主として、各都市ではリヨンのヴェロヴの他、いろんなカラーリングのシクロシティの自転車が街なかを走っていて、市街地での重要な交通手段として、市民の皆さんに親しまれています。

富山のシクロシティ「アヴィレ」も、オシャレに、気軽に使える交通手段として今後も使っていただければと思います。

他の都市のシクロシティの紹介はまた後程。


現在、「定期パスを登録すると毎月の基本料が6ヵ月間無料」のキャンペーン実施中です。
申込み期限は、2014年9月30日までです。
http://www.cyclocity.jp/NEWS/NEWS/9


シクロシティ(アヴィレ)の自転車のタイヤ

シクロシティ運営スタッフです。

富山を含む北陸地方は、6月5日に梅雨入りしてますが、あまりまとまった雨が降らない日が続いています。
本日も梅雨の合間の晴天でした。

さて、前回のブログでは、シクロシティ(アヴィレ)の自転車のサドルについてご紹介しましたが、
今回はタイヤについて。 *少々マニアックな記事です

シクロシティの自転車は26インチのタイヤを採用していて、いわゆるママチャリに近い外観をしています。
しかし、ママチャリ、一般自転車の26インチとは異なり、より頑丈なマウンテンバイク(MTB)用の規格を採用しています。
参考リンク:http://irodoriworld.com/archives/3575#a1

装着しているタイヤは、シュワルベ「SCHWALBE」というブランドのマラソン「MARATHON」というモノです。
シクロタイヤ3 (2)
*「SCHWALBE」とは、ドイツ語で「燕 ツバメ」という意味です。

一般的な自転車よりもタイヤの幅が広く、太めのものが装着されています。
(幅約40mm 一般的なママチャリは13/8インチ=約35mm)
シクロタイヤ3 (1)

このタイヤ、非常に長持ちでパンクに強く、なお且つ乗り心地が良くて軽快に走るタイヤとして有名です。
世界一周旅行用の自転車に使われていたりします。
http://1986yuta.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

シクロシティの自転車に乗ったことがある方だとよくわかると思いますが、自転車本体が非常に頑丈に出来ている為、重量はそれなりにあるのに、走り出すとすごく軽快なのです。

*シクロシティの自転車は、様々な方が使うことを想定して、コミュニティサイクル用として専用に開発されたものです。

その理由の一つは、このタイヤの性能に依るのは間違いありません。
また、高性能を維持するために、専門スタッフが定期的に空気圧をチェック、補充して、常に最適な状態を保っております。

春から初夏にかけてはツバメの繁殖シーズンでもあります。今の季節、ここ富山市でも、田んぼや公園、運河の周りで縦横無尽に飛び交っている姿を見ることができます。

梅雨の合間の晴れ間に、SCHWALBE(ツバメ)の様に軽快に走る、シクロシティの自転車でチョットお出かけしてみませんか?


今月は、無料で乗れるとみベジランチ&スイーツラリー開催中です。(6月30日まで)
http://coumee.com/cgi-bin/WebObjects/sc1.woa/wa/hotNews?hCode=t_vege2014&page=2
シクロシティー富山
シクロシティとは?

シクロシティ富山

Author:シクロシティ富山
富山市中心部に20か所の自転車の貸出ステーションがあり、簡単操作で好きな場所でレンタルし、好きな場所で返却できる自転車共同利用(コミュニティサイクル/バイクシェアリング)サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ