スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館で自転車を読む

こんにちは、シクロシティサポートセンターです。

いま、富山市で 自転車の本を集めた企画展示 が行われています。
場所は、富山駅前CICビル4階のとやま駅南図書館(愛称ぶらり)

ぶらり自転車でGO看板_convert_20170630191110

6月21日から7月17日まで「自転車でGO!」 という特設コーナーが作られています。
ここには、シクロシティのリーフレット、富山のサイクリングコースなどの資料も置いてあります。

ぶらり富山の自転車の本_convert_20170630191155

自転車の本というと、自転車のメンテナンスや、サイクリングやツーリングの旅など、どちらかといえば実用的な硬いイメージでした。でも、そういうものばかりではなく、自転車の本ってこんなにたくさんあるんですね。(写真に写っているのはほんの一部です)

「自転車に乗ろう!」 の棚に並べられた本を見ますと、
ロードバイクやMTB、クラシックバイクといった定番の本やマニアックな本もあれば、
電動アシスト自転車に楽しく乗るための本、
トライアスロン、
自転車通勤、
輪行(自転車を鉄道などで運んで移動すること)、
おしゃれでかっこいい自転車生活、などなど、
さまざまな切り口から自転車について知ることができます。わたしが一番気になったのは、
自転車でやせる!?健康にやせるための方法としての自転車の本も何冊も出ているんですね。へええ!これ読んでみようっ。

ぶらり自転車の本_convert_20170630190955

「自転車を読もう!」の棚には、自転車が出てくる小説やエッセイ、旅行記が並びます。身近な日常の自転車のお話があれば、世界中を遠く旅する自転車のお話もあり。
富山で自転車の小説といえば、富山のローカル新聞に連載されていた宮本輝さんの「田園発港行き自転車」。
登場人物たちが自転車で走る印象的なシーンがいくつかありましたが、特に富山市から滑川市にかけての海沿いと、入善町の黒部川沿いは、どちらも富山らしいのどかな風景を楽しめる大好きな道です。
自転車が出てくるお話は、読みながら風を思い出すせいでしょうか、読後の気分がすっきりする話が多いと思いました。雨の日は自転車の本でサイクリング気分を楽しむのもありですね。

今週末は雨の予報です。傘差し自転車は厳禁です。レインコートなど雨具を着用してください。
ご利用される際には無理のないようお願いいたします。

スポンサーサイト
シクロシティー富山
シクロシティとは?

シクロシティ富山

Author:シクロシティ富山
富山市中心部に20か所の自転車の貸出ステーションがあり、簡単操作で好きな場所でレンタルし、好きな場所で返却できる自転車共同利用(コミュニティサイクル/バイクシェアリング)サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。