FC2ブログ

自転車返却の際の注意点

シクロシティ運営スタッフです。

ゴールデンウィーク真っ最中ですね。
富山はすっかり新緑の季節になりました。
松川画像0423

さて、話題は変わりますが、4月からの基本料6か月無料キャンペーンの影響もあって、新規に定期パスを申し込まれた方が増えていますし、観光や出張などの短期滞在で、短期パス(1日2日、7日パス)を利用される方も多いかと思います。
通常のレンタルサイクルと違って、自転車の貸し出し、返却は自動化されているので、最初は利用方法に戸惑う方もいらっしゃるようです。

そこで今回は、自転車を返却する際の注意点をご紹介します。

返却の際は、自転車の右側にあるブレードと呼ばれる部分をラックに差し込み、画像の様にグリーンのランプが点灯して返却完了です。
ラック画像6

この時、自転車のスタンドを立てたまま、ラックに無理にブレードを差し込まれた例があります。

スタンド画像1

この状態では、ブレードとラックの差し込み口の高さが合わず、奥まで差し込めなくてエラーが出たり、
(警告ランプが点灯し、エラー音が鳴ります)そのまま無理に差し込むと、部品の破損を招きますのでご注意ください。

ラック画像5

シクロシティの17カ所あるステーションでは、例外なくスタンドを跳ね上げた状態で返却してください。

スタンド画像2

その他、シクロシティの利用方法については、当社WEBサイトにテキスト版Movle版が用意されておりますので、ご利用になる前に一度目を通されておくことをオススメします。
また、ご利用の際の不明点等は、当社サポートセンターへご遠慮なくお問い合わせ下さい。

メール:info@cyclocity.jp
(※迷惑メール防止のため@は大文字になっています。)
電話:0120-979-496(土日祝日除く10:00~17:00)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シクロシティー富山
シクロシティとは?

シクロシティ富山

Author:シクロシティ富山
富山市中心部に20か所の自転車の貸出ステーションがあり、簡単操作で好きな場所でレンタルし、好きな場所で返却できる自転車共同利用(コミュニティサイクル/バイクシェアリング)サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ