フランスの「かわいい」自転車

こんにちは、シクロシティサポートセンターです。

シクロシティはフランス生まれ。環境先進国として知られるヨーロッパ各地で利用されています。
一番規模が大きいのはフランスの首都パリ。パリのシクロシティはヴェリブという名前で親しまれています。
ステーション数はなんと1751ヶ所、自転車台数は23000!富山と同じ形の自転車に乗った人々が次から次へとパリの街を走り抜けていきます。

パリを走るヴェリブユーザー201611

シクロシティを導入しているそれぞれの街が自分たちの街に合う色を決めているため、ハンドルカバーや後輪カバーの色や形が違います。パリは大人っぽいグレー。なんともシックです。
ちなみに富山の明るい青色はステアリングブルー。富山市のシンボルカラーが選ばれました。

先日、おもしろい自転車を見せてもらったので、ご紹介します。
2011年にヴェリブの利用回数の累計が1億回を越えたお祝いに特別にデザインされたもの。シクロシティのフランス本社の玄関ホールに展示されています。
「日本」の「かわいい」をイメージしたものだそうです。

かわいい自転車横201611

かわいい自転車前201611

デザインの中にカタカナも使われています。かわいいというかポップアートっぽいというか…海外から見たクールジャパンってこんなイメージなのでしょうね。ヴェリブが日本の文化を愛でてくれてうれしいです。

さて、今朝の富山は氷点下の気温でした。積雪が残っているところもありますので、自転車をご利用の際は路面の状態を確認して走行してください。けっして無理をしないでくださいね。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シクロシティー富山
シクロシティとは?

シクロシティ富山

Author:シクロシティ富山
富山市中心部に20か所の自転車の貸出ステーションがあり、簡単操作で好きな場所でレンタルし、好きな場所で返却できる自転車共同利用(コミュニティサイクル/バイクシェアリング)サービスです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ